FC2ブログ
卯月響子の「美」と「脱がないエロス」の日々
「脱がなくてもエロスは表現できる!」をテーマに活動中のパフォーマー、卯月響子のHPです。 イベント・活動情報から独り言まで、美とエロスについて綴ってゆきたいと思います。 ご意見、ご感想等、大歓迎です!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/27(土)   CATEGORY: 日記
映画「おそいひと」
京大近くのオーガニックカフェで、辛口カレーに「辛くないじゃん!」と、ツッコミ入れつつ完食するほど復活した、うづきです。
ちょっとモチッとした食感の雑穀米が好き。


映画「おそいひと」。重度障害者が、ボランティア等で集まる人達との人間関係のひずみの中で、次第に狂気に目覚め、通り魔殺人者となっていく姿を描いた作品。

彼が犯罪を犯したのは、彼が障害者だったからなのか?

ボランティアで来ていた女子大生に「普通に生まれたかった?」と聞かれ、「コロスゾ」とタイピングした彼。

彼の誕生日にサプライズを、と思った学生達がクラッカーを鳴らして出迎えたのは、血まみれの彼。
その若さと無邪気さの残酷さ。

通り魔殺人をするために、身体を鍛え、周到に準備をすすめる姿。

人が人であるため、守ろうとした尊厳。
私にはそれが見える気がした。

主人公が、例えば私だったとしても。
他の誰かだったとしても。
確実に成り立つ作品だと思った。


他人事じゃないよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 卯月響子の「美」と「脱がないエロス」の日々. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。